2009年3月2日月曜日

PhP符「弱者への挑戦」


今回ご紹介するのは「.PhP & WT: The Reason 」です。
この前astさんにPhPのムービーがあると聞いたので見てみました。

PhPといえばReasonのCS:Sチームのアサルターです。
同じくReasonのAWPerであるWTも出ています。
ちなみに僕が始めてPhPを知ったのは、スロヴァキアvsロシアのnukeのソースTVを見たときでした。
リアルタイムで見ていたのですが、どうみても一人だけ浮いていたのが印象的でした。

ムービーの内容ですが、PhPの意味不明なアサルトシーンとWTの意味不明な反応速度とそのAWPingがほとんどのフラグシーンを占めています。
編集の仕方もとてもかっこよく僕は好きです。

ちなみに僕は4:25のmill、6:00のD2、そして8:10のmillなどPhPが相手を小ばかにしているようにも見えるシーンに衝撃を受けました。
なんというか、「こいつら弱すぎるから頭以外で倒したら負けなwwww」といったような感じがします。
流石はPhP!俺たちには出来ないことを平然とやってのける!そこにシビれる!あこがれるぅ!

ちなみに、5:30のnukeのシーンは本当に意味不明です。
5回ほど見直しても僕には理解できませんでした。

WTはといいますと、4:08のDEがおかしいです。
いえ、DEがおかしいのではなく反応速度がおかしいと思います。

はい。そんなところです。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

でももうWTはReasonにいないんだよねぇ

Junior さんのコメント...

ああそういえばそうでしたね。
ううむ。残念です。

shoushi さんのコメント...

5:30のあれ
いったいなにがおこったんだ
リアルポルナレフ状態

Junior さんのコメント...

超編集だとか超AIMだとかそんなチャチなもんじゃ断じてねぇ